みんなのためのの著作権教室

私的使用のための複製

自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために著作物を「複製することができる。ただし、デジタル方式の録音・録画機器等を用いて著作物を複製する場合には、著作権者に対し補償金の支払いが必要。

図書館などでの複製

法律で定められた図書館に限り、利用者に対し複製物の提供などを行うことができる。

引用

自分の著作物に引用の目的上正当な範囲内で他人の著作物を引用して利用することができる。

教科書への掲載

学校教育の目的上必要と認められる限度で教科書に掲載ができる。ただし著作者への通知と著作権者への一定の補償金の支払いが必要。

学校教育番組の放送など

学校教育番組において著作物を放送することができる。また、学校番組用の教材に著作物を掲載できる。ただし作者への通知と著作権者への一定の補償金の支払いが必要。

学校における複製

教育を担任するものとその授業を受ける者は授業の過程で利用するために著作物を複製することができる。 ただし、著作権者の利益を不当に害することとなる場合を除く。

試験問題としての複製

入学試験や採用試験などの問題として著作物を複製できる。ただし、営利目的のための利用は、著作権者への補償金の支払いが必要

点字による複製など

点字によって複製することができる。またパソコン・ネットワークによって展示データの保存や送信すること、及び点字図書館・盲学校の図書館など一定の施設において視覚障害者向けの貸出し費用として著作物を録音することができる。

聴覚障碍者のための自動公衆送信

聴覚障害者のために、パソコン・ネットワークによるテレビ音声の字幕送信(リアルタイム字幕)を行うことできる。

非営利目的の上演など

営利を目的とせず、観客から料金を取らない場合は、著作物の上演・演奏などができる。ただし、出演者などは無報酬である必要がある。

時事問題の論説の転載など

新聞、雑誌に掲載された時事問題に関する論説は、転載禁止の表示が無ければ、ほかの新聞、雑誌に掲載したり放送したりできる。